名勝、三保の松原を庭にして こじんまりと日本調の宿 width=497

静岡県三保の松原【羽衣ホテル】

 羽衣伝説で知られる三保の松原を借景にした瀟洒な日本調の宿が羽衣ホテルである。宿は木をふんだんに生かし、間取りもゆったりとした安らぎのある部屋で、浴室天井の木組みもすばらしい。 女将さんは能の造詣も深く、能を鑑賞されるお客様が泊まれるような宿作りを目指しているという。庭には石舞台も設けられており時には古典芸能なども催されているらしい。 自然の老松と芝生の野趣に富んだ庭園をぬけると目の前には駿河の海が広がり、伊豆半島の山並みを望むことができる。左手に目を転じればぽっかりと富士が浮かんで見える。三保の松原は古くより東海道随一の富士の名勝として、その名を全国に知られてきたが、ここから眺める富士はまさに霊峰と呼ぶに相応しい。

 松原には棚に囲まれ、大きな枝を左右に広げた風格のある松がある。「羽衣の松」である。羽衣伝説は、美しい景色に誘われて舞い降りた天女が松に掛けた「羽衣」をめぐる、三保の漁師と天女の出会いと別れの物語である。駿河の海の幸で舌つづみ、梢に騒ぐ海風のみの静寂もまた、都会の喧騒に生きるものには贅沢なご馳走である。

下のサムネイル画像をクリックすると上に大きく表示されます。

施設情報

住所 〒424-0901静岡県静岡市清水区三保1282-1
TEL 054-334-1234
URL http://www.hagoromo-hotel.co.jp/
交通 JR東海道線清水駅より三保行バス25分・タクシー15分
東名高速清水ICより約25分 静岡ICより約35分
建物 鉄筋木造2階建
客室数 16室(全室バス・トイレ付)
風呂 大浴場2、露天風呂1/0
チェックタイム イン15時、アウト10時
宿泊料 21,000円~36,750円(税込)
MAP
  • 日本の宿を守る会
  • 朝日旅行
  • 日本秘湯を守る会
  • 日本の食文化を守る会