純京風雅のたたずまい 随所に生きる小さな宿の心 width=497

京都府宮津温泉【茶六別館】

 「茶六別館」の名のとおり、茶室を大きくしたような、味のある宿である。よほどの粋人がつくったのであろう、随所に茶の心がにじんだ配慮がすばらしい。廊下の天井にあじろが張ってあったり、中庭に面した部分の廊下の壁を、さりげなく削って、庭の石組みを廊下部分まで入り込ませ、つくばいを廊下と庭の両方に生かしている心にくさは、近代人にはちょっとまねができない。坪庭の上品な生かし方や、前庭の石組みなど、京のわび、さびをそっくりいただいてきた感じである。

 ご不浄の入り口も、杉張りに障子をはめ込んだ庵室風の引き戸、中のちょうず鉢に椿の花が一輪浮かんでいた。

 茶六別館は、観光地の旅館にはない旅館らしさを秘めた宿である。もてなしや料理も、家族全員が当たっているといった家族的な雰囲気である。“小さな宿らしいおもてなしを誠心こめて”帳場に張ってあった家訓のような言葉が、すべてににじんでいた。

下のサムネイル画像をクリックすると上に大きく表示されます。

施設情報

住所 〒626-0017京都府宮津市島崎2039-4
TEL 0772-22-2177
URL http://www.charoku.com/
E-mail charoku@charoku.com
交通 京都丹後鉄道宮津駅下車徒歩10分(送迎あり)
京都縦貫自動車道 宮津天橋立ICより5分
建物 木造2階建
客室数 11室(全室バス・トイレつき)
風呂 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉/循環濾過 大浴場2、露天風呂2
チェックタイム イン14時30分、アウト10時30分
宿泊料 20,520円~54,000円(税込)
MAP
  • 日本の宿を守る会
  • 朝日旅行
  • 日本秘湯を守る会
  • 日本の食文化を守る会