一万坪老松の庭に離れ風 岡倉天心が美術院を開いた地 width=497

茨城県五浦温泉【五浦観光ホテル】

 五浦海岸は、明治36年、岡倉天心がここに日本美術院を移し、門人の横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山らと共に創作にふけっていた場所で、宿の庭先の岬に立つ六角堂はその遺構である。

 そのゆかりの松林の海岸にあるのが五浦観光ホテルで、本館は1万坪の松林の中に木村武山の別荘を中心にして建つ離れ家風の和風建築である。渡り廊下を歩く気分は、観光地の旅館とは異ったしっとりとした落ち着きを感じる。

 その宿が平成元年に76度の温泉を掘り当て、庭に一億円をかけて大露天風呂を作ったから鬼に金棒である。

 静寂な海辺の松林の環境で、湯上がりのゆったりした気分でいただく五浦海岸の新鮮な魚料理の味は、伊豆の観光地ではとても味わえない土地の味である。

 ここは野口雨情のふるさとで、生家や記念館、天心の記念美術館も近いので、心ある人にはまさに垂涎の温泉である。

下のサムネイル画像をクリックすると上に大きく表示されます。

施設情報

住所 〒319-1702茨城県北茨城市大津町722
TEL 0293-46-1111
URL http://www.izura.net/
E-mail webmaster@izura.net
交通 JR常磐線大津港駅より車で15分
常磐自道車道北茨城ICより15分
建物 木造2階建
客室数 36室(バス・トイレ付31室 トイレ付き3室)
風呂 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉/かけ流し 大浴場2、露天風呂2
チェックタイム イン15時、アウト10時
宿泊料 15,750円~31,500円(税込)
MAP
  • 日本の宿を守る会
  • 朝日旅行
  • 日本秘湯を守る会
  • 日本の食文化を守る会