豪族の館をそのままに 昔をしのぶ歴史の宿 width=497

新潟県六日町温泉【龍言】

 白壁の土蔵と黒光りのした大きな長屋門が宿の入り口。ずいぶん大胆な発想である。

 「大分考えましたが、この古い屋敷を残したい一念と、宿屋として皆さんに喜んでいただけたら、それこそ一石二鳥と思いまして。」しゃきしゃきした働きものの越後女性を代表するような女将さんはいう。玄関の太い柱や板戸の重厚な建築美に圧倒されそうである。江戸中期に建てられた魚沼の豪族の家をそのまま移築したそうだ。客室も昔のままの木組みを上手に活用しているが、かなりの苦心の作だろう。こうなると、歴史の重みにただただ驚くばかりで、文句のつけようのない宿である。

 古さを守るということは、単に建物だけでなく、調度品やもてなしにもその心がなければ…女主人の配慮は大変なことであろう。料理も、この付近の里の材料や料理法を生かした、木の芽のおひたしやしょう油の実など、珍しいものがいっぱい出る。旅館というより、豪族の館の客間に泊めてもらったような気分にさせられる宿である。

下のサムネイル画像をクリックすると上に大きく表示されます。

施設情報

住所 〒949-6611新潟県南魚沼市坂戸山際79
TEL 025-772-3470
URL http://www.ryugon.co.jp/
E-mail ryugon@topaz.ocn.ne.jp
交通 JR上越線六日町駅より車で5分(予約により送迎)
関越自動車道六日町ICより約10分
建物 木造平屋建
客室数 32室(バス・トイレ付29室 トイレ付き3室)
風呂 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉 単純温泉 / かけ流し循環濾過併用 大浴場2、露天風呂6
チェックタイム イン14時、アウト10時
宿泊料 26,250円~47,250円(税込)
MAP
  • 日本の宿を守る会
  • 朝日旅行
  • 日本秘湯を守る会
  • 日本の食文化を守る会