一万坪の名園のたたずまい なるほど甲府の迎賓館の宿 width=497

山梨県湯村温泉【常盤ホテル】

 湯村温泉は山梨ではいちばん早くから有名になった温泉である。戦後、いち早く日本観光地百選の渓谷の部に一位で入選した「昇仙峡」の入口にあるのと、富士五湖も回遊できる温泉場だったからである。

 常盤ホテルはその中でも名門中の名門の宿で、今も一万坪を誇る名園がその伝統の格式を語りかけていた。

 ロビーを入ると真正面に緑したたる庭が広がる。湯村も周りは家が建ってしまった市街地に変ったが、ここだけは昔変わらぬ別天地である。

 庭のふぜいを賞でながら渡り廊下を進んでいくと、銘木をあしらった離れ家が点在する。平屋建ての木調豊かな造りの中で味わう安らぎは、まさに甲府の迎賓館に招じられたようなうれしさである。

 新宿から、列車でも、車でも二時間そこそこで行ける温泉情緒である。

下のサムネイル画像をクリックすると上に大きく表示されます。

施設情報

住所 〒400-0073山梨県甲府市湯村2-5-21
TEL 055-254-3111
URL http://www.tokiwa-hotel.co.jp/
交通 JR中央本線甲府駅よりタクシー10分
中央自動車道甲府昭和ICより6Km 約15分
建物 鉄筋6階建
客室数 27室(全室バス・トイレ付)
風呂 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉/かけ流し循環濾過 大浴場2、露天風呂2
チェックタイム イン15時、アウト10時
宿泊料 21,000円~34,650円(税込)
MAP
  • 日本の宿を守る会
  • 朝日旅行
  • 日本秘湯を守る会
  • 日本の食文化を守る会